相続財産調査

相続人の1人が疎遠かつ障がいを持っているケース/大分市

状況 被相続人は姉で、姉には子供がいなかったので、相続人となる妹さんが相談者として来所されました。 詳しくお話を聞いていくと、両親を同じにする姉妹は仲が良いのだけど、父と前妻との間の子(母を異にする兄)とは面識が全くないとのことでした。 相続財産は、預貯金などの金融資産でした。 当事務所からの提案&お手伝い 相談者にヒアリングしたところ、面識のない兄には重度の障がいあるかもしれない
続きを読む >>

相談者に固定資産税の納付書が届かないため、亡くなった方の財産が不明だったケース/大分市

状況 大分市にお住まいの男性の方からの相談でした。 父が亡くなったため、息子である相談者が相続をおこなうことになったとのことでした。 母は既に亡くなっており、他に兄弟がいないため相談者のみが相続人となりました。 相続財産として、預貯金がある他に土地があるということを聞いていましたが、手掛かりとなる固定資産税の納付書が届いておらず、分からないとのことでした。   当事務所か
続きを読む >>

父親に実は前妻がおり、その隠し子と相続手続きを行ったケース/大分市

  状況 大分市にお住まいの方から父が亡くなったことによる相続のご相談でした。 母は既に亡くなっており、当初は子供である自分だけが相続人だと思っていましたが、後々亡くなった父には母より前に前妻が1人おり、更にその前妻との間に隠し子がいることが判明したため、対応に困ってしまったという事でした。 その前妻は既に亡くなっているとのことでしたが、子どもに関しては実際に会ったこともなく
続きを読む >>

ご相談は無料です、お問合せ・ご予約はお気軽にどうぞ 097-538-1418 受付時間9:30〜18:30 (日曜・祝日・夜間相談対応可) 大分市役所車で3分 ネットでの相談予約はこちら