相続人同士の仲が良くない

相続人の1人が疎遠かつ障がいを持っているケース/大分市

状況 被相続人は姉で、姉には子供がいなかったので、相続人となる妹さんが相談者として来所されました。 詳しくお話を聞いていくと、両親を同じにする姉妹は仲が良いのだけど、父と前妻との間の子(母を異にする兄)とは面識が全くないとのことでした。 相続財産は、預貯金などの金融資産でした。 当事務所からの提案&お手伝い 相談者にヒアリングしたところ、面識のない兄には重度の障がいあるかもしれない
続きを読む >>

仲の悪い兄弟同士で土地を相続するとトラブルになるために土地を売却して現金を分割したケース/大分市

  状況 大分にお住まいの女性の方からの相談でした。 父が亡くなったことにより、相続が発生したため、相続手続きの依頼でした。 母は既に亡くなっており、相続人は相談者と兄弟である長男の2人とのことでした。 相続財産としては父名義の土地と建物だけでしたが、遺産分割協議を行った際にどちらが相続をするか話し合いがまとまらないため、協議が進まない状態でした。   当事務
続きを読む >>

遺言書を作成したいが、内容を誰にも知られない形で作成したケース/大分市

 状況 相談にいらっしゃった大分市にお住まいの方は夫が既に亡くなっており、自身も健康状態が良くないという事で、遺言書を書きたいという事で、ご相談にいらっしゃいました。   相続人として、長男と長女の2名がなる予定とのことですが、長男とは絶縁状態にある為、身の回りの世話をしてもらっている長女にのみ財産を渡したいとのことでした。   当事務所からの提案&お手伝い 相
続きを読む >>

相続財産を巡って、姉妹同士で相続トラブルに発展してしまったケース/別府市

状況 別府市にお住まいの女性の方から相続に関するご相談という事でした。 父が亡くなったことにより、相続が発生したとのことでした。 相続財産としては、別府市にある自宅とその土地、あとは預貯金がありました。 母は既に亡くなっており、相続人は相談者の他に大分市に住んでいる妹が1名いました。 妹はかなり前から大分市で暮らしており、生前父と一緒に暮らしていた相談者に対して父は自宅と土地を渡す旨
続きを読む >>

ご相談は無料です、お問合せ・ご予約はお気軽にどうぞ 097-538-1418 受付時間9:30〜18:30 (日曜・祝日・夜間相談対応可) 大分市役所車で3分 ネットでの相談予約はこちら